おしゃれさと実用性を兼ねた暮らしの一工夫!

実用的だけど生活感のないインテリアの取り入れ方

おすすめリンク

ペルシャ絨毯が高級な理由

色とりどりの絵柄と柔らかい肌触り、高級感のあるペルシャ絨毯どれも高価です。何故高いのでしょうか?

生活感を見せないために気をつけたいこと

一つ目のポイントは「買ったままにしない」ことです。 もちろん、商品のパッケージにはおしゃれなものもありますが、大抵のものは「いかにもその辺で買ってきました」という感じが前面に出てしまいます。 詰め替えるだけで高級感が格段にアップするものもたくさんあるのです。

「買ったまま」禁!おしゃれに詰め替えよう

生活感のない部屋にするための一番単純な方法は、ズバリ「物を何も置かないこと」です。
いわゆる「ミニマリスト」になって、いすやテーブルなど最低限のもの以外は置いていないという状態にするのです。

生活感があるというのは、「人が住んでいるのが丸見えである様子」のことなので、物がなければ生活感はなくなります。

しかし、ミニマリストになるのには勇気がいるとか、子どもがいるから極端なことはできないという方が多いでしょう。
それなら、物は多いけれど洗練されて見える、おしゃれなカフェや雑貨屋さんみたいな部屋を目指すのはいかがでしょうか。

ショップが整って見えるのは、単純に散らかっていないからというのもありますが、物の配置に統一感があったり、一つ一つのアイテムがこだわり抜かれたものであったりするというのもあると思います。
家のコーディネイトも同じように、統一感を出すことやお気に入りのものだけを見せることを目標にするのが大切です。

実際には、家には雑然として見えるものがたくさんあると思います。
そういうものは徹底的に排除してしまいましょう。
捨てられなくても、隠してしまえば綺麗になります。
例えば、ごみが見えているごみ箱があるとおしゃれに見えません。
でも、それに蓋をすれば雑然とした雰囲気が多少良くなります。
ごみ箱をどこか見えないところに追いやってしまっても、もちろんスッキリします。
しかし、そのためには広い収納スペースが必要です。
いっそのことごみ箱を無くしてしまえば良い、というのはミニマリストの発想です。
けれども、それでは不便ですよね…。

そこで提案したいのが、「インテリアに溶け込ませて収納すること」です。
ごみ箱の例でいえば、おしゃれなごみ箱を用意して置くというようにすることです。
部屋に合うものが売っていなければ作ってしまいましょう。
実用性は活かしながらも、それをいかに美しく見せるかということを考えてみてください。

書類も生活感を見せる

二つ目のポイントは「書類を見せない」ことです。 書類は、紙のバラバラ感と書かれている内容の日常感が、生活感を生み出してしまいます。 インテリア化した収納にしまって解決しましょう。 まとめることによって、書類が迷子になるのが防げるというメリットも生まれます。

「飾る収納」で、ディスプレイに!

三つ目のポイントは、「飾る収納を活用する」ことです。 隠す収納はスッキリさせることができますが、見えるようにした方が使い勝手が良いことも多いものです。 上手に「見せる収納」を取り入れていきましょう。 ごちゃごちゃしがちな雑貨を「インテリア化」することを意識してください。