おしゃれさと実用性を兼ねた暮らしの一工夫!

「飾る収納」で、ディスプレイに!

壁に収納する

たっぷりスペースがある壁面を収納に使わない手はありません。
凝って見えても意外と簡単に設置できます。
アイディア次第では壁に穴をあけずに済むので、賃貸でも活用できます!
壁収納には、有孔ボード、ワイヤーラック、すのこ、コーナー棚、つっぱり棒といったアイテムを使います。
これらは100均やホームセンターで手軽に購入することができますが、トレリスや焼き網などを組み合わせて飾り棚を手作りするのも良いですね。
有孔ボードも本当は音を吸収する壁です。
一見関係ないものが使えないかと考えると、収納の幅が広がります。

キッチンの調理器具には、この収納方法がぴったりです。
壁にメッシュラックか有孔ボードを取り付けて、そこにおたまやフライパン返しなどを、フックを掛けてつるすのです。

アクセサリーの収納にも便利です。
アクセサリーは軽いので、より簡単にできます。
例えば、コルクボードに画びょうを刺して、それを壁に掛ければ完成です。

クリアボトルを活用する

こまごましたものの収納には、クリアボトルを使いましょう。
ここでいうクリアボトルとは、100均に売っている透明な水筒のことです。
中身が見えて密閉できることから、キッチンで活躍します。
箱型のものも良いですが、水筒のサイズ感があらゆるところで合うのでおすすめです。

例えば、いろいろな種類のパスタを保存します。
こうすると、どの種類のパスタがどれだけあるかが一目でわかって、使い勝手が良くなります。
冷蔵庫もスッキリです!
外に出しておしゃれなのも嬉しいですね。

調味料、お茶、シリアル、乾物なども入れたら便利になります。
たくさんできたボトルは、棚に並べると、ショップみたいな雰囲気になります。
クリアボトルで揃えれば統一感が出て、美しいです。

クリアボトルはキッチン以外でも役に立ちます。
綿棒や絆創膏、クリップや色鉛筆といった文房具の収納にも向いています。
本来の用途以外にもいろいろと使い道があるのですね。